• info@gratefulwithtwo.net
Sleek & Beautiful

For your life has been settle down

HomeSweetHomeへようこそ

新築・外壁塗装・屋根工事・片付け

カテゴリー

快適な暮らしのために利用したいサービス

ニュースリリース

新築・外壁塗装・屋根工事・片付け

不用品回収先
2019年1月16日 No Comments

不用品回収の依頼先

引っ越しなどで重たい冷蔵庫の処分に困ったことはありますか?不用品回収の中でも、冷蔵庫の処分は、困りものです。回収業者に頼む場合は、費用をできるだけ安く抑えるコツがあります。新しい年式のモノ(3年前まで)は、買取店で、買い取ってくれます。店によっては、5年前などの古いモノでも取り扱っているところがあります。まずは、電話で確認することが大切です。冷蔵庫の中のチルドルームや引出しなどに、壊れているところがないことが高く売れる条件です。電源コードは、絶対に切らないようにしましょう。間違って、切ってしまうと、再販ができないので、処分費用を払うことになります。持ち運びが難しい場合は、店舗にとりに来てもらいましょう。冷蔵庫の売却や処分を買取店に電話依頼するときは、「大きさ・メーカー」を店員に伝えましょう。具体的な金額がわかることになります。店に直接持ち込んで、その場で査定してもらうのが一番良いです。重くて持ち運びが困難なときには、電話をしましょう。金額がわからない担当者の時には、ベテランの人や、詳しい人に、代わってもらう方が良いです。約2~3分で目安の見積もりが出ます。洗濯機を処分するときも、同様です。冷蔵庫の処分と同じ順番で処分しましょう。費用が安く済みます。洗濯機・冷蔵庫も、家電リサイクル法で自治体での処分が認められていないのです。そのため、処分費用を安く済ませるためには、5年以内のモノでしたら買取店で売りさばくとよいでしょう。5年以降のモノも取り扱っている店もあります。電話で確認をするのが正攻法です。高く売れるのは、年式の新しいモノときれいなモノとなります。買取店のほうが良いでしょう。

リサイクル法
2019年1月2日 No Comments

テレビの処分

液晶テレビは買い換えるときに、家電量販店で下取りをしてくれるというサービスがあります。しかし、買取店(リサイクルショップ)のほうが高く買い取ってくれることがあります。どちらで売るとしても、年代の新しさがポイントとなります。古いと安くなる可能性があるのです。中古のテレビでも新しい年代だと店が再販をしやすいのです。さらに、40インチなど画面が大きいほうが査定額が高くなります。最近では、どの店も査定が無料です。気軽に利用できるようになりました。前もって、複数の店で、電話で金額を確認しましょう。安く買われることはないでしょう。液晶テレビを売るときは、店員に、「画面の割れやヒビはありません」ということを必ず伝えましょう。それを伝えることで、査定額が高くなります。また、メーカー品によって金額が大きく変わってきます。人気のあるモノだと、すぐに売れます。なので、より高額になるのです。しかし、付属品の中でもリモコンがない場合は、かなり安くなります。説明書があると、金額が変わります。修理をしなくても、すぐに購入希望者へアピールできます。店が再販しやすいからです。年代が10年以上経っていると、画面の映りが悪い液晶テレビも、買取店では処分費用を払わずに買い取ってくれることがあります。画面が割れているため断られた時には、家電量販店へ持ち込むことをお勧めします。古いモノは再販がしづらいために、下取りを断れることがあります。処分費用がかかる店の場合は、最後に選んでみましょう。少し前に流行ったプラズマテレビは、下取りや買取りをしてくれる買取店はたくさんあります。「新しくて・きれい」なモノの方が、高く売れます。 おすすめサイト:https://eco-project9.com/

リフォームの図面
2018年12月26日 No Comments

リフォームの図面

業者の為人が悪くなかったとしても、仕上がりに満足できないケースもあれば、開店後しばらくしてトラブルが生じるケースもあります。そこまで用心するならば、図面の読解スキルとアフターサービスに関する知識も身に付けておかなければなりません。平面図は店舗のレイアウトを表すものなので、設計会社のデザイナーと打ち合わせる際も必要な書類です。平面図では把握できない陳列棚やカウンター等は、部分図と呼ばれる書類に示されます。他にも店舗の外装や入り口を描いた正面図や照明やコンセントを標示した電気配線図、壁や天井の色彩計画といった書類があり、いずれもイメージの具現化と完成後の照合とに欠かすことができません。 追加工事によって実際の請求額と見積り額との差が大きくなれば、その都度依頼主と相談して書類を更新することで、完了時に想定をはるかに上回る額を請求されるようなトラブルは避けることができます。しかしデザインのイメージの齟齬や、開店後のトラブルまでは工事中に予見できません。そこで用意されているのが保証制度や各種アフターサービスです。これらが充実した業者を選ぶことも保険の一つでしょう。そのような業者は工事完了後も定期的にメンテナンスを実施してくれますし、トラブルが発生した時に迅速に対応してくれます。但しリフォーム時とアフターサービス時とでは担当スタッフが異なる場合もあります。同じ担当者なら何かと安心だとは思いますが、たとえ担当者が変わろうとも、きちんと引継ぎさえ行われれば、サービス内容の質に差はないはずです。どうしても不安な場合は、引継ぎの際の伝達事項を教えてもらうと安心できます。