• info@gratefulwithtwo.net
Sleek & Beautiful

For your life has been settle down

HomeSweetHomeへようこそ

新築・外壁塗装・屋根工事・片付け

カテゴリー

快適な暮らしのために利用したいサービス

ニュースリリース

新築・外壁塗装・屋根工事・片付け

トランクルーム
2018年9月8日 No Comments

生活臭を徹底排除

日常生活をしていく中で家の中にはどうしても家の匂いというものがついていってしまうと思います。 料理をした後の匂いや排水溝の臭い、タバコの匂い、またペットを飼っている家庭ならばペットの臭いなどがする家庭もあるかと思います。 特に、スポーツをしている子供がいる家庭なんかは、汗のしみ込んだ靴など玄関先の臭いが気になる家庭なんかもあるかと思います。 毎日同じ空間で過ごしていると花が慣れてきてしまって自分の家の中の臭いにはなかなか気づかない物です。 スッキリとした収納の状態や掃除が隅々まで行き届いているキレイな空間がせっかくできていても、生活臭が漂う家の中では気持ちよさも半減してしまうかもしれません。 特に、排水溝の臭いなどのにおいが漂っている空間に帰ってくることは生活臭以上に不快に感じ自宅に帰ってきたという安堵感も帳消しになってしまうかと思います。 やはり、玄関に入った瞬間に好みのいい匂いはする家は気持ちがいいと思います。 ミント系の香りや柑橘系の香りなどフレッシュな香りの物やバニラなどの甘めの香りなど、いろいろな芳香剤が売られていますし、人感センサーで近くを通った時だけ匂いを発生させてくれるようなものもありますので、お好みの合わせて選んでみるとよいかと思います。 好きな香りに包まれた空間は何より新鮮な気持ちになれますし、愛着もどんどんわいてくるかと思います。 そして、自分だけでなく家族も気持ちよく帰ってくることができると思いますし、大事な友人を自宅に、招く際にも、変な臭いがしていないか気にする必要もなくなりますし、招かれた友人も家に入った瞬間に気持ちの良い空間に居心地の良さを感じてくれることと思います。

2018年8月23日 No Comments

「塗り替え」で失敗しないためのポイント

塗装・リフォームで失敗しないためには、「業者選び」を慎重に行うことです。 では、その業者との出会い、見極めをするためのポイントを説明したいと思います。 例えば、チラシなどで見つけた業者に連絡し、担当者がやってきます。 まずそのときに、その営業マンを知り、どんな会社なのか、どんな実績があるのかを見極めることが大切です。 特に重視するべきポイントは、営業マンを知ることです。 営業マンはあなたの家の状況を見て、適切なリフォームを提案する立場の人ですが、都心や都市部では戸建て住宅が減る傾向にあり、リフォーム業者も、必死で仕事を取りにくるので、歩合性の営業マンの中には、必要のない工事や不適切な工事を提案してきたりする悪質な人もいます。 しかし、誠実でお客様の立場に立って営業してくれる人もいます。 そのような人を見極めるのは、人生経験がないと難しいことですが、その担当や営業マンを見極める時に気を付けるべき点が3つあります。それは、「見た目」「話し方」「雰囲気」です。 まずは第1印象で、きちんとした折り目正しい態度であるか、古くても清潔な服装や身なりかどうかを見ます。 次に話してみて、ハキハキとものを言うか、暖昧な言葉を使わないかなどを確認します。 その上で塗り替えなどの専門知識をわかりやすく説明してくれるかどうかです。気軽に話しを聞いてくれるか、仕事に関しての考え方が「お客様本位」の立場を持っているかどうかも重要でしょう。 これら点に気を付けて、まずは営業マン・担当者を知ることからはじめてみましょう。

2018年8月20日 No Comments

屋根工事と雨

屋根工事中に雨が降ることはよくありますが雨は屋根工事にとってよくありません。天敵です。屋根工事中の雨のトラブルとして多いのが、雨を防ぐためのブルーシートをはり遅れたり、隙間を開けてしまうことで雨漏りや屋根の下地にダメージがでてしまうことです。たとえば、葺き替え工事中に雨が降ると屋根材を剥がしている途中だと、野地板で雨水を直に吸い込んでしまい、劣化を早める原因になります。かなりの注意が必要です。 また、重ね葺き工事中に雨が降ると既存の屋根の上から屋根材を重ねて取り付けていく途中で屋根下地合板(重ねる屋根材の下地)が雨水を吸い込んでしまい、劣化が早まります。さらに深刻なのが塗装中に雨が降られると、乾ききっていない塗料が流れてしまう恐れがあります。流れてしまった場合は、塗料の塗り直しが必要です。よって、もし屋根工事の途中に降った雨で、もし屋根工事で使う木材などの板が濡れてしまった場合、屋根工事の失敗を引き起こす原因となりますのでかなり注意してください。