• info@gratefulwithtwo.net
Sleek & Beautiful

For your life has been settle down

HomeSweetHomeへようこそ

新築・外壁塗装・屋根工事・片付け

カテゴリー

快適な暮らしのために利用したいサービス

ニュースリリース

新築・外壁塗装・屋根工事・片付け

2019年7月17日 No Comments

介護施設利用

介護施設利用者は、生活全体を介護施設で送っている入所者、また家庭の事情などにより定期的に短期間だけ(例えば週末だけ)入所する者、通所リハビリテーションのために利用する者など様々な利用形態があるようです。また、多くの介護施設には、薬剤師や医師(アルバイトを含む)が常勤していないのが一般的と言えるでしょう。調剤業務などを保険薬局に委託契約している場合は、契約先の薬剤師と積極的に連携することが理想的ではないでしょうか。しかし、基本は施設内の介護職者、看護職またリハビリテーション関連職と協働して薬物有害事象の情報を共有することが大切であり、薬剤マネジメントを多職種の連携によって行うことが理想と言えるでしょう。 施設において医師のポリファーマシーアクションのかかわり方は、医療機関でのかかわり方とほぼ同様のようですが、医師だけでなく看護師、薬剤師、リハビリテーション関連職が服用中の薬剤の適正とADL実施、および評価に加わると言われているようです。ポリファーマシーアクションが必要である場合、同種同効薬があるかどうかの確認や患者情報から転倒既往を確認することが最初に行われるでしょう。特に、施設内での転倒リスクを高める薬剤 (例えば 睡眠薬)を重点的に調べ、薬物有害事象の存在や滅薬の必要性を検討していくのが流れのようです。 入所中は,在宅時のかかりつけ医の機能が介護施設に移行することになるようですが、退所に伴い、その機能は在宅かかりつけ医に戻るため,適宜両者の連携が必要となるということに注意しておくべきでしょう。 短期入所や通所リハビリテーションの場合は、基本的に在宅時のかかりつけ医に患者の健康管理は任せられ、服薬なども内容も変更されない場合が多いと考えられます。しかし、施設で長時間を過ごすことから施設の医師や薬剤師は、施設内で起こると予想される問題を整理して在宅かかりつけ医に連絡するのが望ましいと言えるでしょう。

2019年7月1日 No Comments

在宅治療

在宅患者に対してのポリファーマシーアクションは、医師や薬剤師だけでなく、家族,ケアマネジャー、訪問看護師、ヘルパーなど患者の生活を支えている関係者の協力が必須でしょう。ポリファーマシー患者であるかどうかの評価には、入院患者や外来患者と同様に高齢者総合機能評価(CGA)を使用し、薬物相互作用の可能性、同効果の重複処方、服薬アドヒアランスなどの問題がないかを確認することになっているようです。この際、在宅ケアチームに薬剤師を加え、薬剤師が訪問可能である体制を整えるのが理想と言えるでしょう。訪問診療でポリファーマシー患者を担当することになった場合には、疾病と薬物有害事象の関連性を見極めることがとても大切なことと考えられますが、日常の家庭生活の中で処方薬が適切に服薬されているかどうか、さらに残薬が家庭内のどこかに存在していないかなども確認する必要があるでしょう。そのうえで、薬剤の見直しを行うことを考えなければならないでしょう。上述したように、訪問には薬剤師の同行が理想的ですが、患者本人や家族の同意がない場合には,患者の処方箋を調剤している保険薬局薬剤師に協力を求めることもできるようです。在宅患者の問題点として、医師がリアルタイムで病状変化を確認することが難しいため、家族の協力や、ヘルパーや訪問看護師の協力が必須と言えるでしょう。常に病状変化を発見し、報告できる体制を作ることも大切でしょう。一方、在宅患者になる前に入院などで関連していた医療機関からの薬剤に関する情報提供も大切で、前医からの診療情報提供書を得ていても,それ以外の耳鼻科や歯科からの処方など、患者のすべての服用情報を把握し、その後も適宜再検討しながら薬学的管理を継続していく必要があるでしょう。そのため、患者本人だけでなく、家族が薬剤を把握しておくことが望ましいのではないでしょうか。医師の求人情報などのサイトに、分かりやすい説明などもあるようなので、参考にしてみるとよいかもしれませんね。

いけばな
2019年5月23日 No Comments

器の選び方

いけばなは花や枝だけではなく、使う花器によっても印象が大きく変わってきます。どんな花を生けるのか、どんな場面で使うのか、用途や目的を考えて選ぶ必要があるでしょう。花器の種類は多く、材質もさまざまです。食器などの日用品を茶器として使用することもあるそうです。 平水盤は底が浅く、口が広い器です。いけばなにおいてベーシックな花器とされており、ひとつ所持しておけば応用が利くと言われています。形は楕円や角型、短冊形など、種類も豊富です。材質も、磁器や陶器、ガラス、木製やステンレスもあるそうです。よく使われるものとしては、コンポートが挙げられます。平水盤に高さがついたもので、足の形や大きさも数多く存在します。コンポートは本来、果物を盛る脚のついた皿を指しますが、花器はその限りではありません。デザインの種類が多いことが特徴で、高さのついたものや斜めになっているものなど、幅広く使用ができる花器と言えるでしょう。筒型のものや手籠のものは、枝垂れている植物が似合います。手籠は素材が自然の雰囲気があるため、野の花などが使われることが多いようです。壺は大きさにもよりますが、基本的に深さのある器です。器のボリュームに合った枝ものなどを生けることにより、迫力を出すことができるでしょう。変形花器は、その名の通り変わった形の花器です。種類も多く、形のおもしろさを生かして花や枝を配置することが求められます。器がメインにならないよう、しっかりした工夫が求められます。他にも花器は幅広い種類があり、こだわりを持ってオーダーメイドで作る人もいるそうです。花器とのバランスを考えながら、生ける花が最も映える花器を選ぶことが重要です。

https://123mehndidesign.com

https://biographyly.com