• info@gratefulwithtwo.net

マンション購入予算の細かいポイント

マンション購入予算を組む際にはいくつか抑えなければならない細かいポイントがいくつかあります。
まず、「これからマンション購入の予算を組むぞ!」といううえで物件価格は一番最初に考えると思いますが、実際にはそれに加えて諸経費が発生するということです。物件の購入には不動産取得税に加え、中古物件は殆どの場合、仲介手数料が発生します。マンションの場合は物件価格の10%を目安に諸経費が必要となることを覚えておきましょう。また、諸経費は引き渡し前の現金払いとなるので、頭金はそれも踏まえて再計算しておいた方が良いでしょう。ただ、頭金がいくら必要になるかわからないという場合も充分考えられます。そんな時はひとつの目安として、物件価格の20%として考えましょう。また、これもあくまで目安ではあるのですが借入金については物件価格80%として考えましょう。頭金は生活費の3~6か月分は差し引いて計算しておくのが良いでしょう。ここまでお話ししてきたのは物件購入前に気を付けるべきポイントですが、物件購入後にも押さえておきたいポイントはあります。それが修繕積立金です。修繕積立金は当初は低く設定されていますが、築年数が増えるとそれに応じて高くなっていきます。購入後の費用として、一時金徴収の有無などとあわせて事前に確認しておきましょう。