• info@gratefulwithtwo.net

中古マンションのススメ

マンションを購入するうえで、あえて中古を選ぶ必要があるのだろうかとお思いではないでしょうか。もちろん物件価格の安さが中古マンションのメリットであるということは誰もが理解していることだとは思いますが、新築物件と比較すると「圧倒的」といっても良い程に物件価格に差があります。具体的にどれくらい違うのか首都圏の新築と中古の物件価格を例にとって考えてみると、平均価格の差は2000万円以上であるというデータがあります。この金額差はローン返済に大きなゆとりをもたらしてくれるばかりか立地や広さなどの希望条件について、中古を選ぶことで理想に近づけられるというメリットにもつながります。また、一般的には築年数が古ければ古い程価格は下がる傾向にありますが、築15年を境にその下降線は緩やかになります。つまりコストパフォーマンスを考えると築15年前後の物件が最もお買い得と言えます。階数や最寄り駅までの距離など、「立地」」と「建物」の2つの大きな価格構成要素を踏まえて、中古物件は築年数にも注意してえらびたいですね。また、築年数の古い物件はリフォームの有無についてもチェックしておきましょう。