• info@gratefulwithtwo.net

塗装方法その2噴霧法

•スプレー塗り:塗料を霧にして塗装する噴霧方法はエア、エアレス、静電スプレー方式に大別され、液体をひも状に噴出させ空気と衝突させると霧になります。液体を高速の空気流と衝突させる装置がエアスプレー方式で、高速の液体の流れを静止空気(大気)と衝突させる装置がエアレススプレー方式です。さらに霧化粒子を帯電させ、主として

塗る物との間で静電界を形成させる装置が静電スプレー方式です。

•静電スプレー塗り:静電スプレー方式は➀エア、エアレススプレーの噴霧粒子を帯電させるコロナピン方式➁霧化に遠心力を利用する円盤回転方式または円筒カップ回転方式➂粉体塗料と空気との混合物を帯電させる粉体静電方式に大別できます。静電スプレーは、静電気を上手に使い塗着効率を高めることができます。

意外と多くの塗装方法がありますが、塗料は生き物なので、塗料状態・塗装時または塗膜を形成する過程で、予期せぬことが生じ欠陥を引き起こすことがあります。

例えば
➀ピンホール:塗膜に針で突いたような小穴ができる
➁凹みやハジキ:塗膜が押しのけられたような凹部が生じる
➂かぶり(白化):高温多湿時にスプレー塗装をすると霞がかかったように白くぼやけて艶が無くなる
➃シワ:乾燥した塗装面に波上の凹凸が生じる
➄皮張り:屋根や外壁塗装等に外部用油性塗料を使用し、蓋をして残量を保管し後日使おうとしたら、容器内で皮のような薄膜ができる

要は、欠陥は自然現象を反映していて、塗装面に油があると塗料はハジかれやすいし、高温多湿時の白化は結露が原因です。
油性塗料の厚塗りはシワのもととなりますので、対策を講じましょう。