• info@gratefulwithtwo.net

桐箪笥ってどんなタンス?

日本の伝統であり、和家具の最高峰だと言われる桐箪笥。そのほとんどが手加工により製造され、ひとつひとつに匠の技が生かされています。着物を長期間たくさん収納したい方や、子孫に自分の形見を残したい方、嫁入り道具で購入する方など桐箪笥への憧れ、想いは様々です。「桐(キリ)」は植物の種類の名。昔から良質な木材として重宝されており、神聖な木という事から家紋などにも使われてきました。その桐を用いた家具こそが桐箪笥なのです。現代はインターネットで何でも買える時代。桐箱などの収納も安価で手に入りますね。大切な着物を保管する際、それらは一時的な保管には良いと思いますが、やはり長期間の保管には適さない事が多いです。桐は草の仲間です。草は細胞が一つ一つの膜で仕切られ水分が入りにくいため、本物の桐箪笥は腐りにくく、着物を湿気から守るという特徴があります。さらにアルカリ性質なので防虫効果があり、発火点が高いので燃えにくいのです。このように桐箪笥には素晴らしい性質があり、安心してお持ち頂けると共に、世代を越えて大切な子孫へ着物も、そして桐箪笥自体も受け継いでいける、特別な財産となるでしょう。