• info@gratefulwithtwo.net

桐たんすの歴史

桐たんすの歴史

桐たんすは日本の伝統的なもので長くつかわれていますが、その歴史は、江戸時代から明治初期にかけての頃だといわれています。そんな日本で誕生したばかりの桐たんすは、持ち運び用の取手金具が付いており、実際によく持ち運びされていたようです。昔は、女の子が生まれると桐を植え、結婚する際にその桐でたんすを作り嫁入り道具するという風習があったらしいです。明治後期になると、東京・四谷にはたんす店が多く出店しました。

admin

Leave your message