• info@gratefulwithtwo.net

雨漏りと屋根工事

雨漏りと屋根工事

雨漏りと屋根工事

屋根工事を業者に依頼するという場合、例えば「雨漏りが起きたから」というきっかけがあります。しかし、その雨漏りはかつてとはやや事情が異なっているようです。

それまで、雨漏りというと、屋根が腐食し、家の様々なところからしずくが垂れてくることが一般的でした。中には洗面器や缶などの容器を並べ、雨が止むのを待つということを経験された方もいるかもしれません。しかしこれは昔の話、またはテレビのコント番組などでの話となっており、屋根の素材が多様になり、耐久性も上がり、技術も進んだ現代の一般的な住居においては過去の話となった感があります。しかし、それでもなお、雨漏りがなくなったわけではなく、雨漏りによる工事の依頼がなくなったわけではありません。現代の雨漏りは、屋根の腐食だけでなく、様々な要因で起こるようになってきているからです。もちろん屋根そのものに腐食が起きているという昔からある原因は完全になくなったわけではありませんが、それ以外にも屋根に施された板金が弱くなってきていることや、壁などの屋根以外の部分に何らかの支障があることも考えられます。例えば、屋根を伝わり、壁やサッシ部分にしみこむような雨漏りがこの例です。

さらに、壁についた雨のシミがあったとしても、実際に雨漏りしている場所は全く別のところにあるという場合さえあります。建物の構造が昔と比べてより複雑になっている現代の家では、建物自体が専門的な技術を必要とするため、分業が進み、一人の責任者が家全体を把握するということは難しくなっているのです。すると雨漏りが起こった場合、その特定が難しくなり、見当違いの場所を修復し、雨漏りは収まらないというケースもあるのです。

admin

Leave your message