• info@gratefulwithtwo.net

屋根工事の種類と相場

屋根工事の種類と相場

屋根工事には、屋根葺き替え工事、屋根重ね葺き工事(カバー工法)、屋根塗装工事、漆喰補修工事、棟板金交換工事、雨樋交換工事があります。

屋根葺き替え工事は、30年以上の築年数で屋根の劣化が激しい時に行ったほうがいい工事です。工事は、既存の屋根材と、屋根材の下に敷いてある防水シート(ルーフィング)と野地板(木材下地)を一度全部とって新しい野地板・防水シート・屋根材を張り替えます。工事は、1週間程度かかります。費用の相場は、30坪くらいで5,60万~200万の間です。次に屋根重ね葺き工事(カバー工法)工事があります。これはストレート屋根で家を建てた方や、屋根のメンテナンス費用を抑えたい時に重ね葺き工事を行います。いまの屋根の上に、新しく屋根材を重ねるように取り付けていきます。今の屋根材の撤去などを行わないため、葺き替え工事よりも費用が安くなります。費用は、50~100万程度です。屋根塗装工事が必要な時は、屋根材の防水機能がだめになり塗料が剥がれてダメージを直接建物が受けてしまう場合、塗装工事をします。屋根をキレイに洗ってから、専用の屋根塗料で塗り替えていきます。遮熱に特化したもの、耐候性に優れたものなどいろいろあるので、用途に合わせて塗料は選びます。洗浄後や塗料塗り替え後に、必ず規定の乾燥時間を設けます。費用は約30坪で40~80万円くらいです。次に、漆喰補修工事ですが、これは、家を建ててから15年以上で、台風や雨の多い地域で暮らしているかたは、漆喰の剥離や瓦のズレなどがあり、漆喰の補修工事行うことがあります。日本瓦の下に敷かれている・屋根と下地の接着剤の機能がある漆喰(土のようなもの)が、年月が経つにつれて崩れてくるので、雨漏りの原因となります。漆喰を入れ直したり詰めたりして補修します。費用は30万くらいからです。次に、棟板金交換工事が必要な時は、コロニアルなどのストレート屋根を止めている屋根のてっぺん部分の金属板が、劣化によって釘などが緩み、台風などの強風によって浮き上がってしまうときに行います。放置すると雨漏りの原因にもなるので棟板金交換工事をします。費用は、20万円くらいからです。次に、雨樋交換工事ですが、これは年がたって劣化による破損や、ゴミが溜まり詰まることが原因で、雨漏りなどを引き起こしたときに行います。まずは、雨樋の破損や劣化箇所を確認して雨樋の取り替えを行います。費用は3千~10万円で足場の有無や雨樋(あまどい)の長さによって費用が変わってきます。

 

admin