• info@gratefulwithtwo.net

屋根工事と雨

屋根工事と雨

屋根工事中に雨が降ることはよくありますが雨は屋根工事にとってよくありません。天敵です。屋根工事中の雨のトラブルとして多いのが、雨を防ぐためのブルーシートをはり遅れたり、隙間を開けてしまうことで雨漏りや屋根の下地にダメージがでてしまうことです。たとえば、葺き替え工事中に雨が降ると屋根材を剥がしている途中だと、野地板で雨水を直に吸い込んでしまい、劣化を早める原因になります。かなりの注意が必要です。

また、重ね葺き工事中に雨が降ると既存の屋根の上から屋根材を重ねて取り付けていく途中で屋根下地合板(重ねる屋根材の下地)が雨水を吸い込んでしまい、劣化が早まります。さらに深刻なのが塗装中に雨が降られると、乾ききっていない塗料が流れてしまう恐れがあります。流れてしまった場合は、塗料の塗り直しが必要です。よって、もし屋根工事の途中に降った雨で、もし屋根工事で使う木材などの板が濡れてしまった場合、屋根工事の失敗を引き起こす原因となりますのでかなり注意してください。

admin