• info@gratefulwithtwo.net

雨漏りの原因

リフォーム

雨漏りの原因

雨漏りと塗装状況とを結び付ける人もいますが、実は塗装の劣化に起因する雨漏りはほ
とんどありません。雨漏りは塗装の問題から起こるのではなく、建築時の工事のあり方、
屋根やパッキンの劣化を原因として生じる現象なのです。その他雨樋が原因となることも
ありますが、いずれにしても外壁塗装で解決するものではありません。但し、雨漏りの箇
所を修繕した後、塗装工事をすることで、予防になるという点は確かです。
住宅は通常、防水構造が二重に施されています。一次的な防水は、屋根や外壁が担って
います。これらにひび割れ等が生じると、そこから水分が侵入してしまいます。一次的な
防水構造を修復するためには、シーリングを充填する必要があります。二次的な防水は、
防水シートが担っています。防水シートはアスファルトで出来ており、こちらに何らかの
損傷が発生すれば、水が室内にまで侵入します。二次的な防水構造を修復するためには、
外壁を剥がして工事し直す他ありません。大々的なので躊躇う人も多いのですが、放置す
ると建材が急速に腐食します。柱や梁が家を支えられなくなりますから、住人の生命に関
わります。経済的な理由等で修繕できなければ、一次防水構造にシーリングを充填して、
防水シートまで水を侵入させないようにします。シーリングが適切に充填されれば、しば
らくは耐えることが出来るはずです。その際、塗装工事も合わせて行うとよいでしょう。
塗装工事で形成される塗膜にも、防水機能があるのです。

admin

Leave your message

https://123mehndidesign.com

https://biographyly.com