• info@gratefulwithtwo.net

在宅治療

在宅治療

在宅患者に対してのポリファーマシーアクションは、医師や薬剤師だけでなく、家族,ケアマネジャー、訪問看護師、ヘルパーなど患者の生活を支えている関係者の協力が必須でしょう。ポリファーマシー患者であるかどうかの評価には、入院患者や外来患者と同様に高齢者総合機能評価(CGA)を使用し、薬物相互作用の可能性、同効果の重複処方、服薬アドヒアランスなどの問題がないかを確認することになっているようです。この際、在宅ケアチームに薬剤師を加え、薬剤師が訪問可能である体制を整えるのが理想と言えるでしょう。訪問診療でポリファーマシー患者を担当することになった場合には、疾病と薬物有害事象の関連性を見極めることがとても大切なことと考えられますが、日常の家庭生活の中で処方薬が適切に服薬されているかどうか、さらに残薬が家庭内のどこかに存在していないかなども確認する必要があるでしょう。そのうえで、薬剤の見直しを行うことを考えなければならないでしょう。上述したように、訪問には薬剤師の同行が理想的ですが、患者本人や家族の同意がない場合には,患者の処方箋を調剤している保険薬局薬剤師に協力を求めることもできるようです。在宅患者の問題点として、医師がリアルタイムで病状変化を確認することが難しいため、家族の協力や、ヘルパーや訪問看護師の協力が必須と言えるでしょう。常に病状変化を発見し、報告できる体制を作ることも大切でしょう。一方、在宅患者になる前に入院などで関連していた医療機関からの薬剤に関する情報提供も大切で、前医からの診療情報提供書を得ていても,それ以外の耳鼻科や歯科からの処方など、患者のすべての服用情報を把握し、その後も適宜再検討しながら薬学的管理を継続していく必要があるでしょう。そのため、患者本人だけでなく、家族が薬剤を把握しておくことが望ましいのではないでしょうか。医師の求人情報などのサイトに、分かりやすい説明などもあるようなので、参考にしてみるとよいかもしれませんね。

admin

メッセージを残す

https://123mehndidesign.com

https://biographyly.com