• info@gratefulwithtwo.net

小刻みに震えたり嗅ぎ回ったり

小刻みに震えたり嗅ぎ回ったり

犬というのは寒さに強いと考えられているそうです。実際に、犬の体温は38度を超えたぐらいの平熱だそうで、寒さに耐性があるそうです。ただ、すべての犬が寒さに強いというわけではないそうです。チワワやマルチーズのように身体が小さくて被毛がシングルコートだったりすると寒さは苦手だそうです。ブルブル震えていたら「寒い」と訴えているそうです。チワワはいつも震えているような気がしますが、寒かったんですね。寒そうにしていたら空調を調節したり寒さ対策をしてくれる犬用品を使うなどして、過ごしやすい室温にしてあげなければならないそうです。恐怖心を抱いているときもブルブルと身体が震えたりするそうです。あっちこっち興味深げに嗅ぎ回っている犬。散歩で毎日同じ道を通っても、なぜかクンクンと嗅ぎ回っているかと思います。これは情報収集のための行動だそうです。今日はこの道をどんな犬が通ったかとか、変なやつは来てないかなどとパトロールしているのだそうです。情報収集というのは、犬にとってストレス解消のようなものだそうです。好きでやっているそうです。クンクンと嗅ぎながら「新しい犬が来たようだ」とか「あの子が通ったんだな」といろいろと考えているのかもしれません。よだれがだらだら出ている時は、「早く食べたい」のサインだそうです。サインというか生理的現象なので止めようもないそうです。人間と同じように美味しいものが目の前にあるとよだれが出るといったところのようです。柴犬のように口元がキリッとしまっている犬種はよだれはあまり出さないようですが、ブルドッグやレトリバーのような口元緩めの犬種はよだれもでやすいようです。犬というのは臭い好きですが靴の臭いを嗅いでいるのも好きな臭いに執着しているからだそうです。

admin

メッセージを残す

https://123mehndidesign.com

https://biographyly.com