• info@gratefulwithtwo.net

Category Archive外壁塗装

外壁塗装と季節

外壁塗装と季節

外壁塗装を依頼する時、気に掛ける者の一つに天気があるかと思われます。確かに雨天が続いてしまえば工事に支障が生じるのではないかと、不安な思いを抱くのも無理はありません。では天気ではなく、季節に注意を払う方はいらっしゃるでしょうか。春夏秋冬のいずれの季節が外壁塗装には適しているのでしょうか。

結論から言いますと、春と秋が塗装工事に最も適した季節だと考えられます。実際これらの季節は塗装工事の発注が増加し、工事費用も幾分高くなります。もちろん夏だからといって塗装工事ができないわけではありませんし、冬でも管理が行き届いていれば問題ありません。ただ塗装工事の工程の中には「重ね塗り」があり、下塗りと中塗りを乾かす上で、乾燥した気候であることが有利にはたらくのです。

塗装には環境条件があり、気温が5度を下回らないこと、湿度が85%未満であることが最低条件です。従って一部地域の真冬には工事できませんし、梅雨時も難しいとされています。それを踏まえると春や秋の晴天続きのタイミングで申し込むのが最適と言えるのですが、上述したように皆同じように当該時期を狙うため、工事費用は割高になります。運が悪いことに先約があまりにも多く、申し込み自体が不可能であることも珍しくありません。人気の業者を選択した場合、直前の申し込みは先ず受け付けてもらえないと考えた方がよいでしょう。逆に梅雨時は狙い目とも言えます。どうしても工期は延びてしまいますが、閑散期であるため割引サービスが受けられるからです。但し雨天が続くと管理が難しくなることから、腕の良い職人にお願いするよう心掛けましょう。

 

外壁塗装と雨漏り

外壁塗装と雨漏り

誤解される方もいらっしゃいますが、塗装の劣化が雨漏りの直接的原因であることは稀です。雨漏りは建築自体の手抜き工事や屋根そのものの劣化、パッキンの劣化、雨樋の不調等で引き起こされる現象だからです。要するに雨漏りを解決しようと思えば、外壁の工事ではなく、根本的な修繕に着手すべきなのですが、それが終わり次第、塗装工事も続けて行うのが有効であることを、以下、ご説明します。

一般的な住宅は防水のための構造が1次、2次と建てられています。1次の防水構造は外壁や屋根材に該当し、それらのひび割れ等で防水機能が失われます。防水機能を回復させるには、シーリングを充填しなければなりません。2次の防水構造はアスファルトルーフィングやアスファルトフェルト等の防水シートに該当し、ここに損傷が発生することで室内に雨水が侵入してしまいます。修繕するには外壁を剥がして行う大々的な施工が必要です。雨漏りをそのままにしておくと、シミが発生したり、カビが発生して建材に悪影響を与えたり、柱や梁が腐食したりします。ですから気付いたらすぐに防水構造を直す必要があります。

しかし2次の防水構造を修繕するには負担があまりにも大きく、すぐには考えられない人もいるでしょう。どうしても修繕できないと判断した場合は、1時の防水構造の修繕で済ませる他ありません。この修繕さえ完璧であれば、2次の防水構造に雨水が侵入することは考えにくく、先ずは一安心できます。但し、そのままにしておかず、塗装工事も続けて行うことをお勧めします。塗装工事の塗膜形成が、1次の防水構造の機能を高めてくれるからです。

「塗り替え」で失敗しないためのポイント

塗装・リフォームで失敗しないためには、「業者選び」を慎重に行うことです。 では、その業者との出会い、見極めをするためのポイントを説明したいと思います。

例えば、チラシなどで見つけた業者に連絡し、担当者がやってきます。 まずそのときに、その営業マンを知り、どんな会社なのか、どんな実績があるのかを見極めることが大切です。 特に重視するべきポイントは、営業マンを知ることです。 営業マンはあなたの家の状況を見て、適切なリフォームを提案する立場の人ですが、都心や都市部では戸建て住宅が減る傾向にあり、リフォーム業者も、必死で仕事を取りにくるので、歩合性の営業マンの中には、必要のない工事や不適切な工事を提案してきたりする悪質な人もいます。 しかし、誠実でお客様の立場に立って営業してくれる人もいます。 そのような人を見極めるのは、人生経験がないと難しいことですが、その担当や営業マンを見極める時に気を付けるべき点が3つあります。それは、「見た目」「話し方」「雰囲気」です。

まずは第1印象で、きちんとした折り目正しい態度であるか、古くても清潔な服装や身なりかどうかを見ます。 次に話してみて、ハキハキとものを言うか、暖昧な言葉を使わないかなどを確認します。 その上で塗り替えなどの専門知識をわかりやすく説明してくれるかどうかです。気軽に話しを聞いてくれるか、仕事に関しての考え方が「お客様本位」の立場を持っているかどうかも重要でしょう。 これら点に気を付けて、まずは営業マン・担当者を知ることからはじめてみましょう。

塗料の原点って何?

塗料といえば色。その色について考えてみましょう。

古代より、赤い色には特別な意味を持たせてきました。紀元前15万から16万年に生息したネアンデールタール人は赤土で身体に彩画していたといいます。これは赤という色を神聖視していたと思われます。

一万年以上前の有名なフランスのラスコーやスペインの壁画には動物たちが描かれています。

これらは、黄土、赤鉄鉱、白亜土、マンガン鉱、骨を焼いて作った黒顔料を、獣の脂や血液に混ぜて描いと言われています。この頃に、塗るという行為が始まったと言えるのではないでしょうか。

紀元前4000年ごろからの古代エジプトには様々な材料を塗料として使った壁画は残っています。

発掘された墳墓内の壁画には、石膏、ラピスラズリ、カーボン、赤土、などを使った壁画が残っているのを見ることができます。

紀元前2000年頃には、乾性油やニカワ、卵白などを混ぜ合わせることで結合材としていたことも分かっています。

鮮やかな赤色の胆砂という赤顔料は紀元前200年頃の秦の始皇帝の兵馬俑でも見ることが出来ます。

日本で独自な発展を遂げたのが漆です。

漆は天然の塗料で、とても長い歴史を持ちます。その期限は中国からの渡来なのか、日本独自なものなのかはっきりとわかりませんが、5000年前の縄文前期の出土品として福井県の鳥浜貝塚遺跡から赤と黒漆が塗られた櫛が出土しています。一方で、6000年前の中国浙江省の遺跡からは黒漆の上に赤漆が塗られた椀が出土しました。そしてまた、今度は北海道で約9000年前の朱塗りの埋葬品が出土し、漆の歴史が塗り替えられました。果たして漆のルーツはどこに? とてもロマンのあるお話です。

私たちは誰でも表現者です。何かしらで表現をしたいという思いを持っています。

塗料の原点は、私たちの表現したいという思いなのです。

 

 

美しい塗料の世界

私たちの生活に塗料はあって当然のもの。周囲を見回してください。机、冷蔵庫、本棚、パソコンや携帯、あらゆるものに塗料が塗られています。

もちろん、外に出てもあらゆるところに塗装が施されています。

たとえば自動車。下の部分だけでも、防錆力のエポキシ樹脂塗料、石はねに強い塗料に耐久性のある塗料などカラフルに彩るだけではないさまざまな用途の塗料が塗られているのです。

ビルの塗装や家屋の壁、工場にも多彩な模様に塗装されたパネルたち。それらは建築用金属パネルにはフッ素樹脂塗装に窯業建材のパネルと用途ごとに素材が使われています。

電車、オートバイ、自転車、橋、船、飛行機、洗濯機、電子レンジ、掃除機‥‥‥美しいデザイを実現するのも塗料がなければお話になりません。

そうです。塗料は素材の保護だけでなく、美しい外観にも非常に関わっています。塗装されていないモノを想像してみてください。金属をむき出して走る自動車なんて考えたくもありません。

塗装は、灰色の世界をカラフルにしてくれます。

それに塗装がなければ、サビだらけ、ホコリだらけ、火事だって防げないことだってあるのです。塗装することで、耐久性が伸びるのは知られたことです。

塗料は、比較的簡単な方法としてスプレー塗装があります。素材表面に膜を形成し、長期間、性能を保持します。

塗料は、塗装することで最終製品となります。また、塗装するということは、新たな大きな表面を作り出すことになります。そしてこの表面を活用し、さまざまな機能が生み出され多くの機能性塗料が開発されていくのです。

塗料は私たちの生活を彩っています。

身近で面白い、塗料の世界。

あなたも色鮮やかな塗料の世界を覗いてみませんか。