• info@gratefulwithtwo.net

Category Archive屋根工事

屋根の素材について…「瓦」

屋根工事やリフォームを行う際に大事なポイントは、やはり素材の選び方です。ここでは、素材ごとの特徴や経年変化について紹介します。「何年住むとどうなるのか」を把握したいときにお役立てください。

まずは「瓦」です。

瓦は、重なることで屋根を形作ります。そのため、一枚一枚の重なりには隙間があり、そこから空気が出たり入ったりして、室内の湿気を追い出したり温度調整をすることができます。ゆるやかな換気によって空気を循環させる伝統的な瓦屋根は、その独特な特徴から、昔から日本人に親しまれてきました。

雨が降ったときには、その水はけや水切りの良さで雨水を溜めずに処理できますし、吸音性にも優れているので激しい雨でも音が気になりにくいという良さもあります。

そんな瓦屋根ですが、築10年ほどが経過すると、瓦を固定するための「しっくい」が劣化し始めると言われています。早めの塗り直しで対策すると、その後も長持ちできるようですね。

築20年を超えてくると、一枚一枚のズレが気になってくる頃合になります。気象が荒れるなどの理由から瓦にヒビが入っている場合もあります。点検をしてみるのが良いでしょう。

築25~30年の瓦屋根では、約半分の瓦が割れ始めると言われています。割れた瓦はその下地にまで影響し、腐ってしまう可能性もあるので、点検の必要性はより増します。ただ、この頃の瓦屋根であれば、多くの場合で修理できるようです。

築30年を超えると、瓦の質が劣化し、雨水などを吸い込んでしまうようになります。この時期になったら、早めに瓦職人などに依頼をすることをオススメします。安心できるような新しい瓦屋根であればこそ、瓦の良い特徴が出てくるものです。

足場の必要性

屋根修理や外壁塗装の際に見積書の内訳に載っている「足場費用」。意外と高額だけど本当に必要なの?と思ったことはないでしょうか。ここでは足場の必要性とDIYをおすすめしない理由をお伝えします。

足場とは、工事現場などの高いところで作業するために足を踏み留まっていられる場所を確保する構造物のことをいいます。工事の間だけと一時的に使用されることが多く、鋼管のパイプや枠などで組み立てた仮設構造物がこれにあたります。パイプ足場・単管足場やビケ足場が代表的な種類にあります。

予算の都合から足場を組まないこともありますが、足場は職人のケガや命を守るためだけでなく、施主であるあなたの利益も守る上からとても大切です。もし足場がなかったために転落して職人が怪我をしたり、最悪の場合は死者が出ると、施主の精神面や風評被害などの不利益が出てしまいます。また足元が不安定な体勢では作業精度が劣ることもあります。足場は、結果的に必要なかったとしても、万が一に備えて必要なのです。

器用な方は見よう見まねで自分でもできるかもと思うかもしれませんが、安全な足場を組むには豊富な経験による高度な計算能力が欠かせません。

一般の方が足場を組んだ場合、基本な構造力学を学んでいないため倒壊の危険があったり、外壁に必要のない穴開けや釘打ちをしてしまい外壁を傷つけることもあります。そして足場の購入費用やレンタル費用、運送費用、保管費用などを考えると結果的に高くなることもありますから、やはりプロに頼むのが安心安全といえるでしょう。

足場は、自動車のシートベルトと同じように住まいや職人を守るものとして屋根修理や外壁塗装とワンセットであることを覚えておくとよいでしょう。

 

 

屋根工事を行う効果

屋根工事を行うメリットは最大の要素は、雨漏りを直せるということです。

屋根の悩みで一番多いのがもちろん、雨漏りです。屋根工事を行うことによって、雨漏りを改善することが可能になります。普段の生活の中で雨漏りが起こると、かなりストレスにもなります。雨漏りが直るときもちもシュッとなるものです。また、屋根工事を行うと家を長持ちさせることができます。台風による雨水・ちり・ホコリ・風など、自然環境から受けるダメージから家を守ってくれるのが屋根です。その屋根の劣化や損傷があれば、外からのダメージが建物内へと伝わり劣化することで長く住めない家になってしまいます。

また、家のイメージチェンジもできます。屋根の機能として、生活を守るという役割と、見た目の外観のデザイン性をよくするといった役割があります。人それぞれ年月が経つにつれてライフスタイルやアイデア、価値観も変わっていくので、月日がたつのに合わせて家の見た目も変えたいといったこともよくあります。

屋根工事

屋根の葺き替えって?

屋根工事といっても、屋根の状況やそれを解決する方法などに応じて様々な種類の工事が存在しています。

例えば屋根の葺き替え工事の場合はどうでしょう。

葺き替え工事というのは、元々屋根につけられている瓦などの屋根材と、屋根材の下に取り付けられている諸々をいったんはがしたあと、新しく屋根材などを取り付けて交換する作業のことをいいます。
状況によっては瓦屋根だったところに別の屋根材を取り付ける場合もあります。

似たような工事としては、重ね葺き工事というものがあります。
重ね葺き工事はカバー工法とも呼ばれることがある工事で、元々の屋根の上をカバーするように、新しい屋根材を重ねて装着する工事です。

元々の屋根材などを撤去しないため、葺き替えよりも安く済むケースが多いですが、古い家など土台の家部分に問題が発生している場合、それをそのまま放置してしまう結果となるなどのデメリットもあります。

地震対策

屋根を軽量化することは地震に強い家を作ることに繋がります。

屋根が重いと家の重心が上になります。重心が上部にあるこことで家の重心がぶれやすくなります。重心がぶれるということは、地震で揺れた際に家が大きく左右にずれてしまいます。反対に屋根が軽いと重心が低くなるため揺れに強い住まいとなります。

屋根材の種類別に重さをみると、瓦屋根が屋根の中では断トツで重く、次に重いのがスレート屋根、一番軽いのは金属屋根といわれています。

重い屋根を支えるためには、多くの柱や壁が必要になります。軽い屋根といわれている金属屋根なら少ない柱や壁でも支えることができます。

屋根の素材として最も軽いものは金属で、瓦屋根の約10分の1ほどです。屋根に積む瓦と異なり、地震によって屋根材が落下するという心配もありません。近年では金属材に遮熱塗料などによるコーティングが施されているため、雨音が気になる、暑いといったデメリットがなくなるような工夫がされています。金属材は見た目が安っぽいと思う人もいるかもしれませんが、最近はデザインが豊富となり住宅に合わせて様々なデザインのものを選ぶことができます。ガルバリウム鋼板を原料としているためサビにくく頑丈な金属屋根は地震に強い住まいを作るためにおすすめといえるでしょう。

リフォームのひとつとして、瓦屋根を支えるために必要とされている柱や壁をそのままに、屋根材だけを瓦屋根から金属屋根に変える方法もあります。

建築基準法で耐震基準が設けられています。数字が大きいほど等級は上がり、安全性・耐震性に優れている住宅となります。リフォームされる際は合わせてチェックされるとよいでしょう。

台風対策

台風の影響を受けやすい屋根は、日頃から点検・修理を行うことで被害を軽減できます。台風に備えて、次のポイントをチェックしておきましょう。

スレートの破損やズレはないか。金属屋根も瓦屋根も、どのような屋根材でも割れやズレがある場合は雨漏りの原因となりますので取り替えもしくは修復を行います。

屋根を固定している棟板金が緩んでいないか。棟板金を固定している釘の緩みが発生している場合は、釘を再度打ち込んで固定します。ただし釘の下にある貫板が傷んでいる場合は貫板から棟板金まで交換する対応が必要になることもあります。

瓦屋根の場合は瓦を固定している漆喰は剥がれていないか。漆喰が劣化している場合は、その部分を取り除き新しい漆喰を詰めます。劣化がひどい場合は、瓦を外してから積み直しを行うこともあります。

外壁は屋根とともにチェックしておいきたい部分です。台風時は横降りの雨も多いため外壁に隙間あると水分が入りやすくなります。外壁は年月の経過とともに割れやすくなります。基本的な工事としてはコーキングで破損部分を塞ぎますが、ひび割れが大きい場合はその部分を削り、上からコーキングすることで塞ぎます。さらにコーキングした部分がひび割れている場合は、古いコーキングを取り除いいた後に、新たにコーティングを行います。

外壁のほかに、雨樋は詰まっていないか、破損していないかなど、雨水の通り道となる雨樋も合わせてチェックしておくとよいでしょう。詰まっていたり破損しているとスムーズに水が降ろせなくなります。

台風を始めとする自然災害に強い家を作るには、屋根や外壁のチェックポイントとメンテナンス方法を知り、事前に対策を取ることが大切となります。

 

屋根工事

金属屋根

屋根の中では最も軽いのが金属屋根です。金属素材には、アルミやステンレス、トタン、チタン、鋼板など種類が豊富です。金属屋根はそれぞれの金属がどれぐらいの配合率かにより異なり、メッキの仕方によっても屋根の素材として性質が変わります。そのため他の屋根材より細かく分類されています。

金属屋根の中でも「ガルバリウム鋼板」を使って作られた金属屋根は、最も耐久性があり、長期に渡って使用できるといわれています。ガルバリウム鋼板は55%のアルミニウムを含む亜鉛合金でメッキ処理された鋼板です。元は銀白色ですが、塗装により耐久性の向上と豊富なカラーバリエーションを作り出しています。サビにも強い性質を持っており、価格も比較的安価で使いやすいのが特徴です。加工性が高いため曲面の屋根にも対応することができるなど、自由度が高いことも使いやすさに繋がっています。

そして最大の特徴はその軽さです。金属屋根は1㎡あたり5キロから6キロほどです。平均的なお家だと屋根の重さは約600キロとなります。これは軽自動車1台分弱の重さであり、屋根の中では一番軽い素材といえます。屋根材は軽いほど地震に強いといわれています。地震が多い日本での暮らしは、地震に強い家を持つことが安心にも繋がります。こうした理由から、屋根の葺き替え工事では金属屋根をおすすめする傾向にあります。

金属屋根は、遮音効果が弱いため雨音が気になる、断熱効果が弱いため暑くなりやすい、塩害を受けやすいなどのデメリットもありますが、近年では色々な工夫を施すことによりこれらのデメリットをカバーできるものが増えてきていますから、デメリットを心配する必要はあまりないといえるでしょう。

スレート屋根

原料に粘土版岩を用いて屋根材として使えるように加工しているのがスレート屋根です。同じスレートであっても天然スレートと人工スレートでは費用に差があります。昔から使われてきた屋根ですが現在は原材料にセメントと繊維材料を用いた人工スレートを使用している屋根が大半です。人工スレートは薄い板状で重量も軽いことから、運搬しやすく施工費用も安くなります。屋根材に限らず、天然物を使用する場合は価格が高くなります。天然スレートも同様に大変高価なため屋根材として使用する場合は費用も高くなりますからある程度の予算が必要です。

人工スレートは、無石綿スレート、セメントスレート、石綿スレートなどの種類があり、中でも石綿スレートはいわゆるアスベストを使ったスレートであり、現在は環境問題や健康被害などの理由から製造されていません。しかし過去によく使用されたため、住まいによっては現在も石綿スレートが残っていることもあります。葺き替え工事を希望する場合は、解体の環境問題などによりかなり高額な費用が必要です。石綿スレートを使用している場合でも、屋根が壊れて飛散しない限りは特に問題はないといわれていますので早急に葺き替え工事をしなければならないとは限りません。ただし壊れている場合は、葺き替えもしくはカバー工法で覆う工事が必要となります。

スレート屋根は金属屋根とアスファルトシングルの次に軽い屋根ですが、割れやすいため定期的な塗り替えが必要です。瓦屋根に比べてお手頃な価格なので定期的なメンテナンスが可能であればスレート屋根という選択肢もあります。定期的な葺き替え時に屋根の点検も兼ねることができるため、良い屋根の状態を保つことができるともいえます。

アスファルトシングル

ガラス繊維を原料としているアスファルトシングルという屋根材が登場していることをご存知でしょうか。ガラス繊維を原料とし防水シートが仕上げ材になったといえる屋根材です。シート形状になっているため、ゴムのように折り曲げることができ、曲面でもつかうこともできます。アスファルトシングル中には屋根表面に天然石を付着させ耐久性・耐候性に優れたものもあります。落下事故による被害が他の屋根材より比較的低いこともメリットのひとつです。

まだあまり知られていないことから金属屋根やスレート屋根、瓦屋根といったこれまでに使われている屋根材よりもシェア率はまだまだ低いです。

アスファルトシングルの一番の特徴は柔軟性。湾曲している部分に使える屋根材として、カッターでカットすることが可能です。ホームセンターなどで購入することができるので、業者を通さずに自分で加工しながらDIYを楽しむこともできる屋根材といえます。

リフォーム方法はカバー方法が可能で「被せる側のカバー工法」と「被せられる側のカバー工法」ができます。この両方のカバー方法ができる屋根材はアスファルトシングルだけです。

アスファルトシングルは歴史のある屋根材ですが、ほぼアメリカからの輸入品が大半を占めていることや、日本で施工できる業者がまだ少ない、情報が少なくて使いづらい、経験が乏しい業者に依頼するのは不安などの理由から、様子見という段階の人が多いのが現状です。

しかし施工性や柔軟性に優れ、軽いため屋根の軽量化に最適など、従来の屋根材にはないメリットもたくさんあるアスファルトシングルは上手に使えば優秀な屋根材として使用できる今後注目の素材といえるでしょう。

工事に関する情報を収集する

業者のホームベージをチェックしてみることも必要です。昨今の業者は、自社のホームベージを持っているところが多いので、ホームページをチェックすることをおすすめします。掲載されいる内容を見ていくと、その会社の得意分野が見えてきます。ここで気をつけなければいけないことは、「ホームページには良いことしか書かれていない」という点です。見積もりの依頼方法や、施工実績やお客様の声なども要チェックポイントです。昨今ではではインターネットの口コミサイトもたくさん出てきていますので業者の評判などもチェックしておくと良いでしょう。特に雨どい修理など比較的簡単で単価の安い作業から消費者に入り込んで、次々と追加工事を勧めていく業者もいますので要注意ですインターネットで手軽に調べることができますので、いろいろな情報を仕入れておくのもおすすめです。実際に工事した経験が掲載されているホームページやブログを検索探してみましょう。施主の苦労話などの生の声が豊富に掲載されています。ご自身が業者に求めているものが明確になると、業者を選定する力がついてきます。但し、昨今のインターネットでは検索をすると、検索結果が大量に表示されてしまい、信頼性や価値の高い情報を探し出して判断の材料とすることが困難になっています。掲載された情報の受け止め方については、自己責任で判断していかなければなりません。このように工事をする前に、ご自身で情報収集できることは多くあります。すべてを確認することは難しいとしても、ひとつでも覚えていていただければ、きっと効果はあるはずです。雨漏りの心配と不安を解決するためには、ご自身で工事の内容や全体像を明確にしていく必要があります。信頼できる業者を探し、安心して仕事を任せるために、ご自身に合う業者に出会えるためにも知っておいて欲しいことです。「雨漏り工事を円滑に進める」ためには、多くの失敗や成功から得られた経験やいくつかの選択肢から評価できる情報を集め、ひとつひとつ吟味していくことが必要です。インターネットを活用し、情報を集めることはいながらにしていろいろな業者の施工例を調べることもできますし、中には実際の工事の模様の写真が掲載されているホームページもありますので、工事の進め方をより具体的に知ることができます。