• info@gratefulwithtwo.net

Category Archive片付け

データ化で、部屋も頭もスッキリ

3大人気趣味と言っても良いのが、「映画鑑賞」「音楽鑑賞」「読書」。
これらを仕事終わりや休日に行うことで、日々を頑張る英気を養っている人も多いことでしょう。

趣味として深まっていくほど、これらのコレクションは増えていくものですよね。DVD・VHS、CD・レコード・カセットテープ、書籍・雑誌。どれも想定や外装、パッケージがちゃんとデザインされていることが多いので、部屋に並べてインテリアとして楽しんでいる人もいることと思います。

一方で、趣味のアイテムが増えすぎて導線(通り道)が確保できず、不便な思いをしている、という人もいるかもしれません。好きなアイテムで溢れかえった部屋で、寝る場所が確保できない人……まるで、社会風刺のような状態です。
そんなことにならないよう、こうした趣味のアイテムの保持を、賢く行いたいものですよね。

電子書籍を活用したことはありますでしょうか?
最初期は、レイアウトがぎこちなかったり、ページ遷移の技術が未発達であったりで、明確に紙の本より劣っているという意見がありましたが、技術の発達で、そのように言い切る人はもはや少数派とも言えるまでに至っています。
完全電子書籍化を導入し、紙の本を一冊も持たない読書家もいます。

本に限らず、映画も、音楽も、消費の対象はその内容つまり「情報」にあります。パッケージや外装の美しさは、二次的・副次的なものです。極論をいえば、中身さえ消費できるのならば(見聞きできるのならば)、物体は不要だとすらいえます。
もちろん、パッケージが好きで所有しているもの、レアなコレクションアイテムで物体に価値があるもの、そうした類のアイテムは保持しておいた方が良いでしょう。

中身だけ参照できれば良いアイテムはデータ化して、省スペースを実現してみてはいかがでしょうか。
ただし、コピー禁止製品の複製はしないでくださいね。

部屋も頭もスッキリやってみよう💽トランクルームを東京・神奈川エリアでお探しならアルファトランク

吊り戸棚の整理

吊り戸棚というのは、キッチンのシンクやコンロの上に位置する、天井に接する戸棚のことをさしています。
実際には吊るす形で固定しているわけではないタイプであっても、吊るしているように見えるということで、「吊り戸棚」と通称されているようです。

例えばキッチンにある吊り戸棚であれば、おそらく、キッチン関係、食事関係の物品を収納していることと思います。
ですが、この空間の利用方法に不便を感じている人はいらっしゃるのではないでしょうか?

目よりもかなり高いところに位置していますので、取り出したり戻したりの動作が、腰や肩に負担を与えます。腰痛に悩まされている人ならば、なおさら困る点ですね。
さらに、見通しが悪いため、手探りで目当ての品を探すことになったりと、不便な面もあります。高いところでものを出し入れすることの危険性も、看過できません。

こうした吊り戸棚の悩みを解消する方法は、ないものでしょうか。

まず、できれば必ず導入してほしいほどなのが、踏み台をキッチンに置いておくこと。
キッチンといえば割れ物がとても多いです。陶器、ガラス、お皿や食器の材質は割れやすいものが多いですよね。家中の食器をプラスチック化するのは賢明な手段ですが、色々と実現が困難な面があります。
割れ物を扱うのはそれだけでリスキーですので、吊り戸棚のような高い位置でそれらを扱う場合は、必ず安定した高い目線を確保しておくべきであるといえます。

踏み台に乗っても、やはり吊り戸棚はたいていの場合、目線より高くなります。
そこで、取っ手付きの大きめのケースを導入するのはいかがでしょうか。お目当てのお皿が、重ねられたお皿類の一番下にあったら、当然、上のものを持ち上げて、最下部のものを抜き出し、となります。これを目線より高いところで行うのは、非常に危険です。
なので、平皿やスープ皿といった区分を設けて、分類ごとにケースに収納しておきます。高いところでの作業は、ケースを出すだけに限定して、細かな作業は机の上で。これならば、落下による怪我などのリスクは格段に減少します。

吊り戸棚は便利な反面、その高度からリスキーな存在でもあります。なるべく高所での作業を減らして、安全性を確保しましょう。

リフォームの味方、トランクルーム

街を歩けば看板を目にすることも多く、トランクルームの店舗数が、日に日に増えているのが、街を歩いているだけでわかるはずです。
それだけ、消費者の需要が増えているということでしょう。

収納問題には主に2つあります。
1つはスペース不足、もう1つは整理整頓です。

特にスペース不足は、死活問題です。あまりにも収納スペースと手持ちの物品の量とに違いがあると、文字通り「足の踏み場もない」住居になってしまい、極端に言えば、寝る場所がないという事態に至りかねません。
これは、うまく整理できなくて困る、というレベルではないので、早急に解決する必要があります。
トランクルームはこうした問題を解決する、画期的な商品であると言えます。
純粋に、収納空間を増大させる手立てなので、色々と工夫ややりくりなしで、前進することができます。

そんなトランクルームですが、家に収まりきらない物品の保管場所というメジャーな用途以外にも、便利に活用されているようです。

リフォーム経験のある人ならよくわかると思うのですが、建物の増改築で厄介なのは、「荷物の一時避難場所」です。近きに実家がある、友人宅がある、そしてスペースも余裕がある。そんなベストな条件が揃わない限りは、何かしらのスペースレンタルが必要となるでしょう。

そんな時にも役立つのが、トランクルームです。トランクルームというと、段ボールをいくつか預けておく、というイメージかもしれません。もちろんそうしたタイプも、リーズナブルで人気のあるサービスの一つです。しかし、もっと格段に大きなスペースを利用することもできます。大きな空間を使用する場合、荷物の保管や管理を自己責任で行わなければいけない「レンタル収納スペース」を思い浮かべるかもしれませんが、一概に、トランクルームは狭い、と言い切れるものではありません。

リフォーム期間に家財を預けてとても便利だった、助かったという評判は、ネットで検索すればたくさん見られます。そうした評価を踏まえて、利用を検討して見てください。

桐たんすの歴史

桐たんすは日本の伝統的なもので長くつかわれていますが、その歴史は、江戸時代から明治初期にかけての頃だといわれています。そんな日本で誕生したばかりの桐たんすは、持ち運び用の取手金具が付いており、実際によく持ち運びされていたようです。昔は、女の子が生まれると桐を植え、結婚する際にその桐でたんすを作り嫁入り道具するという風習があったらしいです。明治後期になると、東京・四谷にはたんす店が多く出店しました。

桐箪笥のお手入れは?注意点は?

桐箪笥をイメージすると高価な家具で、特別なお手入れが必要なのか?と疑問に思いますよね。桐箪笥は基本的にお手入れする必要はありませんが、幾つか取り扱う上での注意点があります。

1.埃が気になる時はなるべく柔らかい布や毛ばたきを使用します。木目に沿って埃をそっと払いましょう。

2.シミなどの原因になるので、化学的な洗剤(リビング用のスプレーやお掃除用洗剤など)で拭かないようにしましょう。

3.塗装を守るため、濡れた手や汚れた手で触れないようにしましょう。

4.カビの発生や湿気の吸収を防ぐため、湿気の多い部屋や長期間締め切ったお部屋にある場合、定期的に換気をしましょう。但し、雨の日の換気は避けてください。また湿った衣類などを入れないようにしましょう。こまめに乾拭きをしましょう。

設置するお部屋の湿度環境、乾拭きなどの扱い次第でカビが発生してしまう事があるそうです。しかし、表面を削る事によって更生ができるのは桐たんすだけです。物によりますが2.3回削る事ができ、孫の代まで使用できるのも魅力のひとつ。修理をしてくれる業者がたくさんあるようですが、購入の際はそういったアフターフォローについても確認されるのが良いですね。